葉酸 妊娠初期

葉酸を妊娠初期になぜ摂らないといけないの?

葉酸を妊娠初期になぜ摂らないといけないのでしょうか?

 

簡単にいうと、葉酸は、特に赤ちゃんの細胞増殖時には
必須の要素、だからなのです。

 

赤ちゃんの体が細胞分裂により細胞が増殖し、どんどん成長して時に
遺伝物質のDNAも分裂によりコピー合成されますが、
その時に、葉酸がDNA合成に関与し、正常な分裂ができるような
働きをしています。

 

正常な細胞分裂、DNA合成にはなくてはならない必須のものなのです。

 

赤ちゃんの体は、妊娠初期の1ヶ月が最も細胞分裂が活発に行われ
いろんな臓器の元になるものが形成されていきますが、

 

この時期に葉酸が不足すると細胞分裂で遺伝物質のDNAがコピー
される際に、DNA合成が上手くできない場合があります。

 

これにより、赤ちゃんの神経管閉鎖障害の発症リスクが高まる確率が
高くなるというリスクがあります。

 

神経管閉鎖障害とは?

神経管閉鎖障害とは、脊椎の神経管の癒合不全による先天異常です。
日本では脊椎に癒合不全が生じる、二分脊椎が大部分を占め、
現在は、二分脊椎の発症率は分娩1万件に対して5名という報告があります。

 

 

妊娠初期に必要な葉酸ですが、普通妊娠に気づいた時は、葉酸が最も必要な
時期が過ぎている事になります。

 

二分脊椎の発症のリスクを少なくするために、妊娠を計画したら少なくとも
妊娠の1ヶ月以上前から葉酸を摂取するようにする事がいいです。

 

葉酸は、野菜に多く含まれていますが、昔は、野菜中心の食生活で、
自然と葉酸を摂取できていました。

 

しかし、現在は欧米風の食生活となり、必要な量の葉酸を食べ物から摂取する事が
難しくなってきていますが、今は、容易に葉酸を摂取できるような

 

いろいろな葉酸サプリがありますので、それらを利用するのが望ましいです。

 

お薦めの厳選の葉酸サプリをご紹介します。